GONZO Blog!

GONZOの日本酒と料理のオススメをご紹介
入荷のお酒を要チェック!
<< 今年も開催決定!【黒糖焼酎フェスティヴァル’06】 | main | 結果発表〜 >>
食べる2
0
    男は決まってすき焼きをやりたがるらしいのですが、良い肉を使ってやる場合は割り下を作る。鰹節と醤油、みりんでお砂糖は使わないでそんなに濃くしない。それを少しだけ鍋にいれてパーッと沸騰してきたら肉を入れてさっと火が通ったくらいで食べる。はじめは何も入れないで肉だけ。割り下が煮立ってなくなったら注ぎ足して、肉を動かさずにパッと火を通す。そうすれば割り下も濁らない。具合が良くなってきたら野菜を入れる。野菜はネギだけ。なぜネギだけかと云えば白滝や豆腐なんかを入れちゃうと水が出ちゃう。そうするとせっかく作った割り下の加減が狂っちゃう。ねぎは斜めに切らないでぶつ切りにする。並べる時は横に寝かさないで縦に置く。理由は横よりも縦の方が火の入りが早いらしい。

    先生曰く「良い肉を4〜5枚薄切りにしてこうやるのが一番良い。一枚づつ肉を焼いてその都度鍋をお湯かなんかで洗って、また割り下をいれてやるのが一番の贅沢なすき焼きだとか」
    先生、さすがです。
    【2006.06.21 Wednesday 02:47】 author : ikenami | 男の無作法 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    CALENDAR
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP